魔女と小屋と珈琲と

「魔女と小屋と珈琲と」出展者さまご紹介

 

PiENiKöTA (ピエニコタ)/ 古道具、珈琲、焼き菓子

17(土)、18(日)のみ出展

 

PiENiKöTA とはフィンランド語で小さな小屋という意味だそうです。

これを聞いた時、小屋つながりだわ♡と嬉しくなってしまいました。

私たちのrefgeuも山小屋、小さな小屋という意味なのです。

そしてコタって私の息子のあだ名なんです!

またもや勝手に共感してしまいました。

 

PiENiKöTA さんは川越のご自宅のお庭に小さな小屋を建ててご夫婦で古道具と珈琲のお店を営んでいらっしゃいます。

店内はまるで異空間。不思議な心地よさがあります。

細かい所まで気を配られているディスプレイは一日中じっくりと見ていたくなります。

店主さまのセンスの良さに感動します。

お洒落でかわいいケーキと珈琲にもときめいてしまいました✨

 

今回、魔女っぽい古道具もお願いしています。

どんな古道具が並ぶのか楽しみです♪

PiENiKöTA さんのディスプレイを参考に、ぜひお家に取り入れてみてくださいね(^_-)-☆

 

 

 

 

「魔女と小屋と珈琲と」

2018.11.16(fri)〜18(sun)

10:00〜17:00

gallery & rental space 林檎の木

 

千葉県習志野市本大久保3-8-3 地下2階

京成大久保駅 徒歩4分

 

山小屋にひっそりと暮らす魔女の日常。

「ちょっぴりダークで、遊び心のある世界」をイメージしたアイテムをご提案します。

 

スポンサーサイト

コメント